バッチフラワー

バッチフラワーレメディーは、英国の医師エドワード・バッチ博士(1886~1936)によって作られた、感情を癒す植物のエッセンスです。

医師としてたくさんの患者にかかわったバッチ博士は、病気は、感情を癒すことで良くなるという確信を得ました。感情面がポジティブな時、人は病を自分で癒す力を得るのです。

感情を癒す、その方法として、植物のエネルギーを水に転写する方法を発見しました。

バッチフラワーレメディーは、薬効成分はありませんので、どんなお薬とも併用可能です。赤ちゃんからお年寄りまで、どなたでもお使いいただけます。

薬効成分はありませんが、植物の波動(エネルギー)が閉じ込められているレメディーは、博士が38種類を選定し、どのような感情の状態でも対応できるレメディーシステムとなっています。

 

作り方がシンプルなため、博士の没後も、世界各地で、植物や鉱物そのほかいろいろなものからエッセンスが作成されるようになりました。それらはフラワーエッセンスという呼び名で呼ばれます。バッチフラワーレメディーと呼ばれるのは、バッチ博士が生前選んだ38種類のレメディーのことを言います。

 

セルフヒーリング可能で、副作用もありません。

38種類のどれを選べばよいのか、解らないときは、コンサルテーションをお受けください。

お話を伺いながら、レメディーの選択をお手伝いします。

 

初回コンサルテーション 90分 8000円(レメディー、トリートメントボトル含む)

2回目以降                    60分 5000円(レメディー含む)

*30分延長ごとに3000円

 *コンサルテーションは、メール、お手紙でも受け付けております。

 

また、レメディーや、レスキュークリーム、レスキューパステルなどの購入もできます。

送付もしております。お問い合わせからご連絡ください。